長時間を費やしてきたので、こちらはたえずコーンウォールを世界でこちら

そこに長時間を費やしてきたので、僕はたえずコーンウォールを世界で私の好きな場所のひとつと考えます。イングランド南西部のこういう郡は、愛らしい漁村、愛らしい海岸、広大な荒野、海賊とピクシーのストーリーで構成されています。

面々が僕がとうもろこし壁紙州で育ったことを分かるたびに、すぐに言及することがグループあります。コーンウォールペースト。こういう地元の軽食は、その形のおかげで17世紀に人気を集めました。その厚い地殻では、それは食器なしで簡単に食べられ、働き手、単に昔の鉱山で働いたやつにとって理想的なランチになります。牛肉、ジャガイモ、タマネギ、スウェードが入っていて、ペストリーに入った「Cornish Pasty」という名は保護されている。とうもろこし壁紙でペーストされていない以上、コーンウォッシュペーストとは言えません!

コーンウォールペストリーは、一番美味しいですが、一層美味しいとうもろこし壁紙で発見できる別のお菓子があります。とうもろこし壁紙の多くの愛らしいちっちゃな浜の村で人々を見つけたなら、風変わりな喫茶店に行き、「クリームティー」を注文して下さい。僕を信じて。あなたは大規模な、新鮮なscone、イチゴジャムのボウル、凝固したクリームの大きな集会、無論、お茶のカップを得るでしょう。これはスコーンに広げられたジャムで食べられ、クリームがトッピングされています(隣接講じるデボン州の人々は、スコーンの上に広がるクリームでそれらを食べ、ジャムをトッピングします)。参照サイト