その日の情緒と僕に起こったおかしいアクシデントを思い出しました。

ぼくは中学校だったときにダイヤリーを書いていました。ぼくは代々毎日の諳記を書いていました。ぼくはその日の内心とぼくに起こった明るい大難を思い出しました。また、重要な事態や、毎日私の原資をどれくらい費やしたかを書きました。
只今、ぼくは更にダイヤリーをつけていません。時に掴むだけで、過去に書いたことを掴むのは一体全体可笑しいだ。中学生を卒業してから親と共に暮すことを決心して以降、私の友達や我々が経験したすべての諳記を思いだす。

ぼくはダイヤリーを守っていますが、毎日書くのではありません。ぼくは私のために事象を読込み講じるだけ書く。そしてこれをやる寸法、ぼくは多くを楽しむ!ぼくは自分の内心を書くことができるからです。そしてそれはぼくを幸せに行なう。何かを書いた後述、ぼくは何度も何度もそれを読んでいらっしゃる!それは素敵で可笑しいだ!

それは素晴らしいことだ!ダイヤリーについての良いことは、それがあなたの結果だけだから、何でも好きなだけ書くことができるということです。英文で書こうとしましたか?

ぼくはたえず英文でダイヤリーを書いています!ぼくは英文でほぼを通していらっしゃる。なぜなら、それは私の英文力を決める助けになるからです!参照サイト